bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

ビッケのレインカバーのおすすめ10選【前用と後ろ用】

ビッケのレインカバーのおすすめ10選【前用と後ろ用】 

電動アシスト自転車のビッケ(bikke)をこれから購入予定もしくは持っている方で、これからレインカバーを買おうか検討している方はこのようなことで悩んでいるのではないでしょうか。

 

そもそもレインカバーって必要?
色々あって何を買っていいかわからない。
いくらくらいかかるの?

 

レインカバーは絶対にあったほうがいいです!

本記事では、レインカバーを使う理由と前と後ろ用でおすすめの10アイテムを紹介します。

 

私自身、ビッケを使っていますので、自身の体験を交えて使ってよかったこと悪かったことも合わせて紹介します。

 

この記事でわかること!

・レインカバーを使う理由(必要な理由)
・おすすめのレインカバー10選
 →チェック内容【メーカー、価格、評価、タイプ、防水性、通気性、安全性、その他】
・(体験談)純正レインカバーを使ってわるかったこと、よかったこと

 

ビッケにレインカバーを使う理由 

ビッケにレインカバーを使う理由  

そもそもですが、ビッケにレインカバーを使う理由です。

①雨からシートを守る
 →自転車に乗る前にクッションシートが濡れていると座れない
②ホコリや汚れからシートを守る
 →クッションシートが汚れないようにする
③防寒対策
 →乗っている子供を寒さから守る

 レインカバーなので、①は当たり前といえば当たり前ですが、結構重要で乗る前に雨が降ってしまうとクッションシートが濡れてしまいます。

クッションシートは、クッション素材なので雨水が染み込みます。

そのため拭き取るだけでは、染み込んだ水は取れません。

こうなったらクッションを外して乗るか、諦めて歩いて行くかになってしまいます。

クッションを外して乗るのは、正直めんどくさいです。

なので、レインカバーの重要性は高いと言えます。

 

ビッケのレインカバーおすすめ10選

ビッケのレインカバーおすすめ10選 

ではビッケのレインカバーおすすめ10選です。

売れ筋や実際に使われている方のレビューを参考にビッケでも使えているコメントがあるアイテムを抜粋しています。

また、各アイテム共通で気になるポイントの以下に絞って説明します。

・メーカー
・価格(amazon)
・評価(amazon)
・タイプ:カバータイプ、ルームタイプ
・防水性
・通気性
・安全性:緊急時や自転車との固定
・その他

 

ビッケのレインカバーおすすめ【前用(フロント)】

ビッケのレインカバー前用(フロント)のおすすめ5アイテムです。

 

【純正】ビッケ専用フロントチャイルドシートカバー  
【純正】ビッケ専用フロントチャイルドシートカバーのポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:2,700円(税込)
評価:4.5(5点満点中)
タイプ:カバータイプ
防水性:△(完全防水ではない)
通気性:ー
安全性:ー
その他:純粋なカバー。収納用袋付属。

 こちらは、ビッケの純正オプションになります。

純粋な「カバー 」のため、カバーを被せたまま中に人を乗せることはできません。

純正なので、ビッケにはサイズもピッタリで、評価も4.5と高いです。

 

【純正】フロントチャイルドルーム POLAR用 
【純正】フロントチャイルドルームPOLAR用のポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:7,452円(税込)
評価:3.5(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:○(通気性を確保するベンチレーション)
安全性:◎(上下分割構造で転倒などの緊急時は脱出可能)
その他:POLAR用。透明カバーは背面ポケットに収納可能。

 ビッケPOLARの純正カバーです。

チャイルドルームなため、ルームタイプで人を乗せたまま被せることができます。

純正なのでサイズはピッタリです。

 

ShineHaiチャイルドシートレインカバー 
ShineHaiチャイルドシートレインカバーのポイント

メーカー:ShineHai
価格:1,988円(税込)
評価:3.9(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:○(サイド通気口)
安全性:○(裾をゴムで調整して自転車にピッタリと合わせる)
その他:収納に便利な設計。収納バック付き

とにかく価格が安いのでコスパに優れています。

また、Amazon自転車用チャイルドシート部門で売れ筋7位です。 

 

ACTIVEWINNERチャイルドシートレインカバー
ACTIVEWINNERチャイルドシートレインカバーのポイント

メーカー:ACTIVEWINNER
価格:3,697円(税込)
評価:4.0(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:○(複数の通気口)
安全性:○(カバー裾のコードで調整して自転車にピッタリと合わせる)
その他:前窓が大きい設計。収納バック付き

こちらは前窓が大きい設計となっていて、窮屈感を最大限に軽減しています。

ルームタイプとしては評価も4.0と高めです。

  

ハローエンジェルレインカバー
ハローエンジェルレインカバーのポイント

メーカー:ハローエンジェル
価格:4,950円(税込)
評価:3.9(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:◎(どこからでも空気が入る設計)
安全性:○(通すだけの簡単安全タグ)
その他:簡単4ステップで30秒で装着可能

こちらはとにかく簡単に装着できることが特徴のカバーです。

急な雨でも焦らずに簡単に装着できます。

 

ビッケのレインカバーおすすめ【後ろ用(リア)】

ビッケのレインカバー後ろ用(リア)のおすすめ5アイテムです。  

 

【純正】ビッケ専用リアチャイルドシートカバー 
【純正】ビッケ専用リアチャイルシートカバーのポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:2,730円(税込)
評価:4.2(5点満点中)
タイプ:カバータイプ
防水性:△(完全防水ではない)
通気性:ー
安全性:ー
その他:純粋なカバー。収納用袋付属。

 こちらは、ビッケの純正オプションになります。

純粋な「カバー 」のため、カバーを被せたまま中に人を乗せることはできません。

 

こちらに特化した記事を書いていますので、気になる方はこちら参照ください。 

www.shinbearlog.com

  

【純正】ビッケ専用リアチャイルドシートルーム
【純正】ビッケ専用リアチャイルシートルームのポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:7,683円(税込)
評価:4.3(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:△(完全防水ではない)
通気性:○(通気性を確保するベンチレーション)
安全性:◎(上下分割構造で転倒などの緊急時は脱出可能)
その他:透明カバーは背面のポケットに収納可能。

 ビッケの純正チャイルドシートルームです。

純正なのでサイズはピッタリです。

また、評価も4.3とルームタイプは比較的低い傾向があるのですが、その中でも高めです。

 

ShineHaiチャイルドシートレインカバー
ShineHaiチャイルドシートレインカバーのポイント

メーカー:ShineHai
価格:2,280円(税込)
評価:3.6(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:○(複数の通気口で走行時に空気の流れを良くして快適に)
安全性:○(多数の固定ストラップで固定)
その他:収納用袋付き

フロントカバー同様、価格が安いのでコスパに優れています。

また、Amazon自転車用チャイルドシート部門で売れ筋1位です。 

  

convidaレインカバー 
convidaレインカバーのポイント

メーカー:convida
価格:2,180円(税込)
評価:3.5(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:○
通気性:○(背面に大きな通気口があり)
安全性:○(ゴムを引っ張りピッタリと自転車に固定)
その他:左サイドのファスナーが開き乗り降り簡単。収納用袋付き

こちらも価格が安いのでコスパに優れています。

左サイドのファスナーが大きく開くため、乗り降りが簡単なのが特徴です。

 

MICOEレインカバー
MICOEレインカバーのポイント

メーカー:MICOE
価格:2,050円(税込)
評価:3.4(5点満点中)
タイプ:ルームタイプ
防水性:◎(生地は3層構造)
通気性:○(複数の通気口)
安全性:○(裾のゴムを調整し自転車に固定)
その他:収納用袋付き

こちらも価格が安いのでコスパに優れています。

生地が3層構造となっていて、防水性能が高いのが特徴です。

 

ビッケのレインカバーを使ってわるかったこと・よかったこと

ビッケのレインカバーを使ってわるかったこと・よかったこと

私は、純正の後ろ用のレインカバーとレインルームを使用しています。

実際に使った体験からわるかったこととよかったことを紹介します。

 

ビッケのレインカバーを使ってわるかったこと

使ってみてわるかったことです。

当然わるい部分もありましたので、わるい部分もちゃんと理解しておいたほうがいいです。

 

夏場はこもって中が暑い

こちらはチャイルドシートルームですが、やはり夏場はこもって中が暑くなります。

走行中でも中は蒸れるので、長時間の運転はやめておいたほうがいいです。

透明カバーが取り外せるので、外して使うのですが、外に駐輪しておくとカバー自体が暑くなるので、やっぱり中は暑いです。

私は結局夏場は外しました。

 

直射日光で劣化するとゴムが弱くなる

こちらはレインカバーです。

普段から日のあたる場所に駐輪しているので、直射日光によりゴムが劣化し弱くなってしまいました。

ちゃんと収納袋にしまえばいいのですが、付けっ放しで走行していると風で飛んで行ってしまいます。

特に風の強い日は何度か飛んで行ってしまいました。

 

ビッケのレインカバーを使ってよかったこと

使ってみてよかったことです。

使う目的とイコールなところはありますが、購入前の悩みは解決できます。

 

シートクッションが雨に濡れない

レインカバーなので、当たり前ですね。

使うことで、シートクッションが雨に濡れないようにできます。

純正商品はしっかりとその役目を果たしてくれました。

 

冬場は防寒になる

冬場の自転車はめちゃくちゃ寒いです。

チャイルドシートルームは、走行時の風が当たらなくなるので防寒に最適です。

合わせ技でブランケットを使えば、走行中でも快適に乗ることができます。

運転している方からすれば羨ましいですね。

 

日常のホコリや汚れを防げる

これも結構重要です。

ずっと外に置いてあるので、使わないと細かい砂埃がクッションシートの隙間に溜まって行きます。

また、鳥のフンなどの被害からも防ぐことができます。

 

まとめ

まとめ 

長文読んでいただきありがとうございます。

 

では最後にまとめです。 

・レインカバーを使う理由
 →雨・ホコリ・汚れ、防寒対策として
・前用と後ろ用で各5アイテムをおすすめ
 →それぞれ特徴ありますが、だいたい似ています。
・個人的なおすすめは純正カバー
 →純正でピッタリ設計なので、細かいサイズ調整が不要。
 →レインカバーとチャイルドシートルーム両方使うのが理想。

ビッケのチャイルドシートクッションは、雨水が染み込むため、直前の雨はもちろん前日夜の雨でも翌日の朝そのままでは座れなくなってしまいます。

拭いたり、クッション外したりするのは、正直めんどくさいです。

カバーを被せるだけでこの悩みが解決するので、レインカバーは使うことをおすすめします。

 

商品紹介一覧表

※2020年8月時点

 

設置箇所

前(フロント)

前(フロント)

前(フロント)

前(フロント)

前(フロント)

商品名

ビッケ専用フロントチャイルドシートカバー

フロントチャイルドルーム POLAR用

Shine Haiチャイルドシート

ACTIVEWINNERチャイルドシート レインカバー

ハローエンジェルレインカバー

メーカー

ブリヂストン

ブリヂストン

Shine Hai

ACTIVEWINNER

ハローエンジェル

価格

2,700

7,452

1,988

3,697

4,950

amazon評価

4.5

3.5

3.9

4.0

3.9

タイプ

カバータイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

防水性

△(完全防水ではない)

通気性

-

○(ベンチレーション)

○(サイド通気口)

○(複数の通気口)

◎(どこからでも空気が入る設計)

安全性

-

◎(上下分割構造)

○(裾をゴムで調整)

○(カバー袖コード調整)

○(簡単安全タグ)

その他

純粋なカバー

収納用袋付き

透明カバーは背面ポケットに収納可

収納に便利な設計

収納バック付き

前窓が大きい設計

収納袋付き

簡単4ステップ30秒装着

 

設置箇所

後ろ(リア)

後ろ(リア)

後ろ(リア)

後ろ(リア)

後ろ(リア)

商品名

ビッケ専用リアチャイルドシートカバー

ビッケ専用リアチャイルドシートルーム

Shine Haiチャイルドシートレインカバー

convidaレインカバー

MICOEレインカバー

メーカー

ブリヂストン

ブリヂストン

Shine Hai

Convida

MICOE

価格

2,730

7,683

2,280

2,180

2,050

amazon評価

4.2

4.3

3.6

3.5

3.4

タイプ

カバータイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

ルームタイプ

防水性

△(完全防水ではない)

△(完全防水ではない)

◎(3層構造)

通気性

-

○(ベンチレーション)

○(複数の通気口)

○(背面に大きな通気口)

○(複数の通気口)

安全性

-

◎(上下分割構造)

○(複数の固定ストラップ)

○(ゴムで調整)

○(ゴムで調整)

その他

収納用袋付き

透明カバーは背面ポケットに収納可

収納用袋付き

収納ポケット付

収納袋付

 

紹介商品一覧 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事紹介 

www.shinbearlog.com