bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

ベビーチェアのおすすめ6選【いつから使えるのかも説明】

ベビーチェアのおすすめ6選【いつから使えるのかも説明】

本記事では、赤ちゃんが使う椅子『ベビーチェア』について紹介します。

ベビーチェアを選ぶにあたってこのようなことが気になるのではないでしょうか?

 

初めてベビーチェアを買うので何を選んでいいのかわからない?
赤ちゃんが使うから安全なものを選びたい。
色々出費がかさんでるし、安いものを買いたい。
赤ちゃんと一緒にゆっくり買い物ができないけど、どうやって買えばいいの?

このような悩みは当然あると思います。

本記事では、このあたりを解決できるように説明し、おすすめ6アイテムを紹介します。

 

参考程度に私の体験談も紹介します。

(私もこのように悩み、購入しました)

 

この記事でわかること!

・ベビーチェアの種類とそのメリット、デメリット
・おすすめのベビーチェア6選
 →価格、素材、安全性、使い勝手、片付け、対応年齢、買える場所
・(体験談)ベビーチェアを使ってよかったこと、わるかったこと

 

 

ベビーチェアのおすすめ、その前に【ベビーチェアの種類】

ベビーチェアのおすすめ、その前に【ベビーチェアの種類】

ベビーチェアのおすすめ6選を紹介する前に、ベビーチェアの種類について理解する必要があります。

すでにご存知で理解している方は、このパート飛ばしていただいてOKです!

 

ベビーチェアには大きく3つの種類がありますので、それぞれ特徴とメリット・デメリットについて説明します。

 

ベビーチェアの種類①【ハイチェア 】 

椅子と言ったら真っ先にイメージされるのはこのタイプだと思います。

ダイニングテーブルに並べて一緒に使うのはハイチェアです。

特徴:ダイニングテーブルで使える背の高いベビーチェア
メリット:高さを調節することで長い期間使える。大人と同じ目線で食事ができる。
デメリット:大きいので場所を取る。高さがあるので落下のリスクがある。

 

ベビーチェアの種類②【ローチェア 】  

ローチェアは、大人だけの生活では使うことがないので、馴染みがないかもしれません。

赤ちゃん・子供用の椅子です。

特徴:床に置いて使えるベビーチェア(椅子の上において固定するタイプもあり)
メリット:首が据わったら使える。床で使うので落下の心配がない。
デメリット:赤ちゃんの成長によって使えなくなる(使える期間が限られる)

 

ベビーチェアの種類③【テーブルチェア 】 

テーブルチェアも、大人だけの生活では使うことがないので、馴染みがないかもしれません。

テーブルに固定して使うタイプのベビーチェアです。

特徴:テーブルに固定して使用
メリット:コンパクトに畳める。下が空いているので食べこぼしの掃除がしやすい。
デメリット:使用するテーブルによっては取り付けができない。

 

ご自身のライフスタイルやメリット・デメリットを把握した上で、まずはどのタイプにするかを選びましょう!

 

ベビーチェアのおすすめ6選

ベビーチェアのおすすめ6選 

ではここからはベビーチェアのおすすめ6選になります。

3種類のベビーチェアのタイプに合わせて、各タイプ2アイテムずつ紹介します。 

 

ものすごく細かく説明してもしかたないので、気になるポイントの以下に絞って説明します。

・価格(amazon)
・評価(amazon)
・素材
・安全性
・使い勝手
・片付け
・対応年齢(いつからいつまで使えるか)
・買える場所

 

ベビーチェアのおすすめ【ハイチェア】 

ハイチェアのおすすめです。 

①ベビーチェア 木製椅子
ベビーチェア 木製椅子のポイント

価格:4,830円(税込)
評価:4.1(5点満点中)
素材:天然木材
安全性:○(安全ベルト&金具で固定)
使い勝手:◎(14段階で調整可能)
片付け:△(場所をとります)
対応年齢:非公表(利用ユーザーコメントでは10ヶ月から使えています)
買える場所:WEB

 こちらはamazonのベビーハイチェア部門でベストセラー1位のベビーチェアです。

 価格も5,000円以下と安く、14段階で調整できるため長い期間使えるためコスパが非常にいいです!

  

②キッズチェア 木製椅子
キッズチェア 木製椅子のポイント

価格:4,712円(税込)
評価:4.2(5点満点中)
素材:天然木材
安全性:△(チェアベルトは別途必要)
使い勝手:○(3段階で調整可能)
片付け:△(場所をとります)
対応年齢:非公表(利用ユーザーコメントでは10ヶ月から使えています)
買える場所:WEB

 こちらはクッションが7cmと厚く座りごごちがいいように作られています。

 また、デザインもシンプルでオシャレです。

 

ベビーチェアのおすすめ【ローチェア】

ローチェアのおすすめです。 

③バンボベビーソファ 
バンボベビーソファのポイント

価格:6,582円(税込)
評価:4.4(5点満点中)
素材:ポリウレタン
安全性:◎(落下・転倒の心配なし)
使い勝手:◎(軽くてコンパクト)
片付け:◎(軽くて持ち運びが楽)
対応年齢:首が据わる頃〜14ヶ月頃
買える場所:WEB、ベビーザらス、アカチャンホンポ etc

 こちらはamazonのベビーローチェア部門でベストセラー1位のベビーチェアです。

赤ちゃんの「座る」を考えて作られたベビーチェアなので、赤ちゃんに安心して使えます。 

個人的には一番のおすすめです。

使える期間も短いのですが、その分ヘビロテです!

使えなくなってからの対応についても後ほど紹介します。

 

 ※以下記事ではバンボに特化して細かく紹介しています

www.shinbearlog.com

  

④インジェニュイティベビーベース3.0
インジェニュイティ ベビーベース3.0のポイント

価格:6,570円(税込)
評価:4.4(5点満点中)
素材:ポリウレタン(クッション部分)
安全性:◎(3点固定ベルト)
使い勝手:◎(トレーが付属していて収納可)
片付け:◎(軽くて持ち運びが楽)
対応年齢:4ヶ月〜3・4才
買える場所:WEB、ベビーザらス etc

 こちらは椅子の上に設置して固定することで3・4才頃まで使えるベビーチェアです。

 トレーが付属していて、椅子自体に収納できるのも便利です。

 

ベビーチェアのおすすめ【テーブルチェア】

最後にテーブルチェアのおすすめです。 

⑤カトージテーブルチェア 
カトージテーブルチェアのポイント

価格:6,280円(税込)
評価:4.3(5点満点中)
素材:メッシュ生地(内側シート部分)
安全性:◎(5点固定ベルト)
使い勝手:○(シートは手洗い可能)
片付け:◎(小さく折りたたみ可能)
対応年齢:5ヶ月〜36ヶ月
買える場所:WEB、直営店 etc

 カトージはテーブルチェアでは人気のブランドです。 

コンパクト設計で、折りたたんでどこにでも持っていけるのが便利です!

 

⑥ベビーテーブルチェア
ベビーテーブルチェアのポイント

価格:4,099円(税込)
評価:3.8(5点満点中)
素材:布・布団生地(内側シート部分)
安全性:◎(5点固定ベルト)
使い勝手:○(シートは洗濯可能)
片付け:◎(小さく折りたたみ可能)
対応年齢:6月〜36ヶ月
買える場所:WEB、ベビーザらス etc

 こちらの椅子は、とにかく価格が安いのでコスパが最高です。 

 

ベビーチェアを使ってよかったこと・わるかったこと

ベビーチェアを使ってよかったこと・わるかったこと

 ベビーチェアを実際に使ってよかったこととわるかったことについて、私の体験談を交えて紹介します。

 

ベビーチェアを使ってよかったこと

ベビーチェアを使ってよかったことです。

正直よかったことは多いです!

自分の時間が作れる

 一番はこれ、「自分の時間が作れる」という点です。

赤ちゃんがハイハイをできるようになると、部屋中好きなところに行けるようになります。

しかも、上手になるとスピードもついてきて、ちょっと目を離したら遠くにいる、なんてこともあると思います。

 

 そうなってくると片時も目を離すことができず、ちょっとした作業も思うようにできません。

そこでベビーチェアがあると、座っててくれるので、その間に洗濯物を取り込んだり掃除をしたりちょっとした作業ができるようになります。

 

 作業以外でも、本を読んだり自分の時間を作れるというのはめちゃくちゃ大事です!

 

ゆっくり食事をとれる

 次にゆっくりと食事がとれるという点です。

ベビーチェアがないと、食事はしっちゃかめっちゃかになります。

それこそ離乳食で椅子がべちゃべちゃになったりするので、食事を最初から最後までみてあげなくてはいけません。自分の食事はスキを見て、素早く食べるということになっていると思います。(私もそうでした、、)

 

 ベビーチェアがあれば、汚れても部分的で拭き取れるので、赤ちゃんが自分の手で食べても、後始末が簡単です。

 更には様子を見ながら一緒に食べられるので、自分の食事をゆっくりとることができます。

 

食事がストレスになっていませんか?

食事のストレスから解放されます!

 

離乳食を食べさせるのに便利

 ベビーチェアは特に、離乳食を食べさせるのに便利です。

私の場合はバンボの下に100円均一で購入したレジャーシートを敷いて、赤ちゃんが自分の手で食べられるようにしてあげていました。バンボは汚れても布巾で拭き取るだけで汚れがとれるし、下はレジャーシートなので食べ物が落っこちても掃除は簡単です。

離乳食を食べさせるのに便利

 赤ちゃんが自分の手で食べるのは知育的にもいいというので、この方法はおすすめです!

 

ベビーチェアを使ってわるかったこと

次にわるかったことですが、正直全くないです。

あえて挙げるとしたらこの点になります。

使える期間が限られている

 使える期間が限られているという点です。

 バンボだと1才半くらいで、赤ちゃんが自分で抜け出せるようになるため、そのタイミングで卒業となります。

 使っている期間は1年あるかないかです。

 ただ、前述した通りこの期間で、自分の時間が作れたり、食事をゆっくり取れたり、ストレスからの解放を考えるとメリットの方が大幅に大きいです。

 

 ちなみに、私の場合、卒業したバンボはメルカリで売りました。

 新品で購入した半額くらいの値段で、即売れたので、フリマアプリを活用して売るのはおすすめです!

(なのでバンボの箱は保管しておきましょう。 )

 

まとめ

まとめ

長文読んでいただきありがとうございます。

 

では最後にまとめです。 

・ベビーチェアは大きく分けて3種類
 →ハイチェア、ローチェア、テーブルチェア
・3種類のチェアから各2アイテムをおすすめ
 →ライフスタイルや予算に合わせて選ぼう
・購入はWEBがおすすめ
 →実店舗とWEBあまり値段変わりません。持ち帰る手間がない分ネットで十分
・個人的なおすすめはバンボ
 →育児のストレスが解消されます!
 →使えなくなったらフリマで販売!(箱など一式は保管しておこう)
 

 ベビーチェアは、【赤ちゃんのため】というのもありますが、私は【自分のため】に買った方がいいと思います。

この時期の育児大変だと思います。

ご飯ゆっくり食べられていますか?

 

「買ってよかったこと」に記載の通り、ご飯もゆっくり食べられるし、自分の時間が作れるので少しでも育児を楽にしたい人にはおすすめです!

 

ベビーチェアおすすめ6選一覧表

※2020年8月時点

チェアジャンル

ハイチェア

ハイチェア

ローチェア

ローチェア

テーブルチェア

テーブルチェア

商品名

ベビーチェア 木製椅子

キッズチェア 木製椅子

Bumbo バンボベビーソファー

インジェニュイティ ベビーベース3.0

カトージ テーブルチェア

ベビーテーブルチェア

メーカー

アイリスプラザ

アイリスプラザ

Bumbo

Kids Ⅱ

カトージ

RENNUO

価格

4,830円

4,712円

6,582円

6,570円

6,280円

4,099円

amazon評価

4.1

4.2

4.4

4.4

4.3

3.8

素材

天然木材

天然木材

ポリウレタン

ポリウレタン

メッシュ生地

布・布団生地

安全性

○(安全ベルト&固定金具付き)

△(チェアベルトは別途必要)

◎(落下・転倒の心配なし)

◎(3点ベルト)

◎(5点ベルト)

◎(5点ベルト)

使い勝手

◎(14段階の調整)

○(3段階の調整)

◎(軽い)

◎(トレイ収納可)

○(シートは手洗可)

○(シート洗濯可)

その他(片付け)

△(場所をとる)

△(場所をとる)

◎(軽くて持ち運び楽)

◎(軽くて持ち運び楽)

◎(小さく折りたたみ可)

◎(小さく折りたたみ可)

対応年齢

非公表(ユーザーコメントでは10ヶ月から使えている)

非公表(ユーザーコメントでは10ヶ月から使えている)

首が据わるころ〜14ヶ月頃

4ヶ月〜3.4才

5ヶ月〜36ヶ月

6ヶ月〜36ヶ月

買える場所

WEB

WEB

WEB、ベビーザらス、アカチャンホンポ

WEB、ベビーザらス

WEB、直営店

WEB、ベビーザらス

 

ベビーチェアおすすめ6選ここから買えます

 

 

 

 

 

 

一緒に読みたい!関連記事

www.shinbearlog.com