bearlog<べあろぐ>

「子育て×ペット(わんこ)×快適生活(セール情報やおすすめアイテム)」を発信

【ストライダー用ヘルメット】選び方&おすすめ・人気10選

【ストライダー用ヘルメット】選び方&おすすめ・人気10選

ストライダーをこれから購入予定もしくは持っている方で、一緒にヘルメットの購入を検討している方はこのようなことで悩んでいるのではないでしょうか。

 

子供用のヘルメットって何を買えばいいんだろう?
色々あって何を買っていいかわからない。
いくらくらいかかるの?

 

ヘルメットは必須です!

本記事では、ストライダー用ヘルメットの選び方とおすすめ・人気10アイテムを紹介します。

 

私自身、子供にストライダーを乗せています。

そして、子供は予期しないところで転倒するのでヘルメットは必要だと実感しています。

 

この記事でわかること!

・ヘルメットの選び方(必要な理由)
・おすすめのヘルメット10選
 →チェック内容【メーカー、価格、評価、規格、サイズ、適用年齢、重量、カラー】

 

【ストライダー用ヘルメット】選び方 

【ストライダー用ヘルメット】選び方 

そもそもですが、ヘルメットを使う理由です。

転倒時に頭を守るため

ヘルメットなので、当たり前ですが、子供の安全のためです。

下り坂などでストライダーを乗ると結構スピードが出るので、ヘルメットは絶対に装着した方がいいです!

 

では選び方になります。

大きく以下3点です。

1、安全性
2、サイズ

3、ヘルメットの種類

ではポイントを絞って解説します。

 

1、安全性

ヘルメットを選ぶにあたって一番は何と言っても「安全性」です。

特に、転倒するリスクの大きい子供なので安全が第一です。

ヘルメットの安全性を確認する目安となるのが、「安全規格」です。

ここでは、以下4種類について簡単に説明します。

 

SG:日本の製品安全協会の安全基準の目安になるマーク

CPSC:米国の消費者製品安全委員会、消費者安全基準法に基づいて承認を得たマーク

CE:EUの法律で定められた安全性能基準を満たすことで使用できるマーク

ASTM:米国の米国試験材料協会が策定・発行する規格

 

それぞれの規格に対する詳細はここでは割愛しますが、それぞれ消費者の安全基準についてクリアしたことを証明する規格になります。

選ぶ際には、安全規格がちゃんとついているアイテムを選びましょう。

 

2、サイズ

続いてサイズです。

サイズが違っていたら購入しても使えないし、ヘルメットはぶかぶかでは危ないです。

サイズを選ぶときには、子供の頭のサイズ(頭囲)をちゃんと図りましょう。

 

図り方は、メジャーで頭の一番大きい部分(耳から上)をぐるっと回して図ります。

 

頭の大きさは人それぞれなので、ちゃんと調べることをお勧めします。

 

3、ヘルメットの種類 

ヘルメットの種類は大きくこの2種類です。

 

1、ハーフキャップ

 軽量で通気性に優れたタイプのヘルメットです。

 価格も安価なものからあり、簡単に着脱できるので気軽に使うことができます。

 

2、フルフェイス 

 その名前の通り、顔全体を包むタイプのヘルメットです。

 ハーフキャップよりも頑丈で安全性が高く、上級向けで協議などアクティブに使う人向けです。

 

本記事では、ハーフキャップタイプを紹介していきます。

 

【ストライダー用ヘルメット】おすすめ・人気10選

【ストライダー用ヘルメット】おすすめ・人気10選

ではストライダー用ヘルメットのおすすめ・人気10選です。

また、各アイテム共通で気になるポイントの以下に絞って説明します。

・メーカー
・価格(amazon)
・評価(amazon)
・規格
・サイズ
・適用年齢(参考)
・重量
・カラー

 

Kids Helmet

Kids Helmetのポイント

メーカー:OutdoorMaster
価格:2,180円
評価:4.0(5点満点中)
規格:ASTM、 CPSC
サイズ:S頭囲46〜52cm、M52〜56cm
適用年齢(参考):1〜7歳
重量:記載なし
カラー:10色

こちらのヘルメットは、Amazonの子供用ヘルメットカテゴリでベストセラー1位のアイテムです。

シンプルでありながら、材質もしっかりしており、通気性も高く、機能面も兼ね備えています。

カラーも豊富で価格もお手頃なので、迷ったらこちらがおすすめです。

 

PINE(パイン)

PINE(パイン)のポイント

メーカー:OGK KABUTO(オージーケーカブト)
価格:3,362円
評価:4.6(5点満点中)
規格:SG
サイズ:頭囲47〜51cm
適用年齢(参考):1〜3歳
重量:240g
カラー:6色

こちらのヘルメットは、OGK KABUTO発案の成型方式インモールド製法(金型にシェルの素材となる樹脂板をセットし、その上から発泡ライナーの原料を流し込んでシェルに直接熱で圧着する方法)で成型しています。

落ち着いたツートンカラーで洋服にも合わせやすいデザインです。

 

PAL(パル)

PAL(パル)のポイント

メーカー:OGK KABUTO(オージーケーカブト)
価格:3,609円
評価:4.5(5点満点中)
規格:SG
サイズ:頭囲49〜54cm
適用年齢(参考):4〜7歳
重量:245g
カラー:6色

こちらもヘルメットは、OGK KABUTO発案の成型方式インモールド製法で成型しています。

幼稚園から小学校低学年くらい向けのヘルメットです。

スマイルロゴがアクセントのシンプルなキッズヘルメットです。

 

67i子供用ヘルメット

67i子供用ヘルメットのポイント

メーカー:67i
価格:2,480円
評価:4.3(5点満点中)
規格:CE、CPSC
サイズ:XS頭囲46
〜51.5cm、S50〜55cm
適用年齢(参考):XS1.5
〜5歳、S4〜8歳
重量:XS210g、S230g
カラー:6色

こちらもヘルメットは、シンプル・軽量・多機能の幼児用のヘルメットです。

ピンクの花柄や、黒のロケット柄は子供に好かれるデザインになっています。

 

エアリオ

エアリオのポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:2,900円
評価:4.1(5点満点中)
規格:SG
サイズ:L頭囲46
〜60cm、M54〜56cm
適用年齢(参考):1
〜7歳
重量:340g
カラー:7色

こちらもヘルメットは、有名ブランドのブリヂストン製のヘルメットです。

安心の日本メーカーで自転車にも精通しているブリヂストン。

通気性が高く、着脱可能なバイザー付きです。

 

コロン(colon)

コロンのポイント

メーカー:ブリヂストン
価格:2,350円
評価:4.3(5点満点中)
規格:SG
サイズ:頭囲46
〜52cm
適用年齢(参考):1
〜5歳
重量:370g
カラー:5色

こちらもヘルメットも、有名ブランドのブリヂストン製のヘルメットです。

安心の日本メーカーで自転車にも精通しているブリヂストン。

エアリオとの違いは、丈夫なハードシェルタイプなところです。

北欧テイストなカラフルなデザインです。

 

KINGBIKE

KINGBIKEのポイント

メーカー:KINGBIKE
価格:2,999円
評価:4.1(5点満点中)
規格:CPSC
サイズ:頭囲5
〜63cm
適用年齢(参考):7歳

重量:235g
カラー:6色

こちらもヘルメットは少しサイズが大きく、7歳からと小学生低学年からになります。

大人用のサイズもあり、大人を意識したアイテムです。

通気穴が24個もあり、通気性が抜群で長時間の使用やサイクリングに最適です。

 

GLAF

GLAFのポイント

メーカー:GLAF
価格:2,800

評価:4.3(5点満点中)
規格:CE
サイズ:S頭囲48
〜54cm、M55〜57cm
適用年齢(参考):S3〜8歳、M9〜12歳

重量:305g
カラー:5色

こちらはシンプルなヘルメットで、更にプロテクターのセットがついています。

ヘルメット+エルボーパッド+ニーパッド+リストガードがセットになってます。

スケートボードやローラースケート、自転車の練習にも使えます。

 

XJDヘルメット

XJDヘルメットのポイント

メーカー:XJD
価格:2,800

評価:4.2
(5点満点中)
規格:CE
サイズ:S頭囲48
〜54cm、M55〜57cm
適用年齢(参考):S3〜8歳、M8〜12歳

重量:350g
カラー:5色

こちらもシンプルなヘルメットで、更にプロテクターのセットがついています。

ヘルメット+膝カバー+肘カバー+手首カバーがセットになってます。

スケートボードやローラースケート、自転車の練習にも使えます。

 

Kanackヘルメット

Kanackヘルメットのポイント

メーカー:Kanack(カナック)
価格:3,018

評価:4.5
(5点満点中)
規格:SG
サイズ:50
〜56cm
適用年齢(参考):3〜8歳

重量:300g
カラー:5色

こちらのヘルメットは、子供が大好きな新幹線デザインのヘルメットです。

ドクターイエローからはやぶさ、こまち、かがやきなど色に合わせて新幹線も変わります。

首への負担が少ない軽量タイプです。

 

まとめ

まとめ 

長文読んでいただきありがとうございます。

 

では最後に【ストライダー用ヘルメット】選び方&おすすめ・人気10選まとめです。 

・ヘルメットの選び方(必要な理由)
 →転倒時に頭を守るため(安全のため)
 →安全性、サイズ、種類から選びましょう
・おすすめのヘルメット10選
 →値段、デザインなど様々です。お好みのヘルメットを選びましょう

ヘルメットは色々ありますが、紹介したヘルメットは全て何かしらの安全規格を取得しているので、あとは価格やデザインから選べばいいと思います。

膝カバーや肘カバーがセットになっているものもあるので、お好みのヘルメットを選びましょう。

ヘルメットなしでの、ストライダーは危険なので必ずヘルメットは着用しましょう!

 

商品紹介一覧表

 

商品名

Kids Helmet

PINE(パイン)

PAL(パル)

67i子供用ヘルメット

エアリオ

メーカー

OutdoorMaster

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

OGK KABUTO(オージーケーカブト)

67i

ブリヂストン

価格

2,180

3,362

3,609

2,480

2,900

Amazon評価

4.0

4.6

4.5

4.3

4.1

規格

ASTM、CPSC

SG

SG

CE、CPSC

SG

サイズ

S:頭囲46~52cm

M:52~56cm

頭囲47~51cm

頭囲49~54cm

XS:頭囲46~51.5cm

S:50~55cm

L:頭囲46~60cm

M:54~56cm

適用年齢(参考)

1~7歳

1~3歳

4~7歳

XS:1.5~5歳

S:4~8歳

1~7歳

重量

記載なし

240g

245g

XS:210g

S:230g

340g

カラー

10色

6色

6色

6色

7色

 

商品名

コロン(colon)

KINGBIKE

GLAF

XJDヘルメット

Kanackヘルメット

メーカー

ブリヂストン

KINGBIKE

GLAF

XJD

Kanack(カナック)

価格

2,350

2,999

2,800

2,800

3,018

Amazon評価

4.3

4.1

4.3

4.2

4.5

規格

SG

CPSC

CE

CE

SG

サイズ

頭囲46~52cm

頭囲56~63cm

S:頭囲48~54cm

M:55~57cm

S:頭囲48~54cm

M:55~57cm

頭囲50~56cm

適用年齢(参考)

1~5歳

7歳~

S:3~8歳

M:9~12歳

S:3~8歳

M:8~12歳

3~8歳

重量

370g

235g

305g

350g

300g

カラー

5色

6色

5色

5色

5色

 

紹介商品一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事紹介 

www.shinbearlog.com

www.shinbearlog.com