bearlog<べあろぐ>

「子育て×ペット(わんこ)×快適生活(セール情報やおすすめアイテム)」を発信

【加湿器】L's Humidifier+【とにかくおしゃれでおすすめ】

【加湿器】L's Humidifier+【とにかくおしゃれでおすすめ】

こんにちは!

ベアです。

 

乾燥した季節に必需品な加湿器。

加湿器の購入にあたってこんなことに悩んでいないでしょうか?

いろいろあって、どの加湿器を買っていいかわからない。
おしゃれな加湿器が欲しい。
アロマ機能のある加湿器が欲しい。

今回はこの悩みを解決してくれる、

『L's Humidifier+(エルズヒュミディファイアープラス)』

を紹介します。

 

ちなみに、私も購入して使っています!

 

この記事でわかること!

・(発売元)ELAiCEについて
・L's Humidifier+について
・L's Humidifier+のメリット、デメリット
・L's Humidifier+の使い方、使った感想
・L's Humidifier+の口コミ(レビュー・評価)

(発売元)ELAiCEについて

(発売元)ELAiCEについて

紹介するアイテムのL's Humidifierの前に、販売元のELAiCEについて説明します。

ELAiCEと聞いてわかる人は少ないのではないでしょうか?

私も後から調べてわかりましたが、こちらはメーカーではなくおしゃれなアイテムを中心に取扱販売している会社になります。

フランフランで並んでいるようなアイテムなど、幅広いジャンルを取り扱っています。

 

以下がエレス株式会社のホームページになります。

www.elaice.jp

 

L's Humidifier+について

続いて、紹介アイテムのL's Humidifier+です。

 

商品名:L's Humidifier+ エルズ ヒュミディファイアープラス

 

特徴:

  • 本体の上部から注水できる(使用中も随時注水可能)
  • リモコン付属で遠くからでも操作が可能
  • ミスト量最大350mlで連続約11時間可能
  • 高級感あるシンプルデザインで他の家具とも調和
  • 雑菌の繁殖を抑える、銀と銅を使用した抗菌カートリッジ付属
  • タンクや各部品を取り外して隅々までお掃除可能
  • 就寝時にはライトをOFF

※エルズホームページより引用

 

上記商品特徴ですが、一番は「高級感あるシンプルデザイン」だと思います。

機能的な部分は他の加湿器にも付いていて遜色ないですが、とにかくデザインがおしゃれで、リビングや寝室など部屋の景観を損なうことなく、加湿器を使うことができます。

 

L's Humidifier+の価格・値段

【純正・ビッケレインカバー前用】価格・値段
では価格・値段です。

ネットでの価格です。

amazon価格:¥10,780(税込)

いろいろ調べましたが大体10,000円前後の価格でしたので、amazonで購入すれば失敗はないかと思われます。

(amazon)L's Humidifier+

 

L's Humidifier+のメリット・デメリット

【純正・ビッケレインカバー前用】メリット・デメリット
使ってみてわかったことや感想を交えて、メリデメについて説明します。

 

デメリット

まずはデメリットからです。

デメリットは2点です。

湿度の自動設定がない

加湿の強さは3段階から選べますが、湿度を設定して自動運転する機能はありません。

そのため、一定の強さの加湿がずっと続きます。

小さめの部屋で強モードで使っていると部屋の湿度がどんどん上がっていくので注意が必要です。

ただ、OFFタイマー設定ができるのでOFFタイマー設定を活用することである程度調整は可能です。

 

お値段

ハイブリッド式の加湿器なのでどうしてもお値段が高くなってしまいます。

ただ、スチーム式・超音波式のいいところをとってのハイブリッドなので、衛生面とパワーを兼ね備えています。

あとはこのアイテムの場合、デザイン面での付加価値があります。

 

メリット

では続いてメリットです。

メリットは5点です。

デザインがおしゃれ

ご覧いただいている通り、とにかくデザインがおしゃれです。

色もホワイトとブラックの2色があり、どちらもシンプルなデザインがマッチしていて、部屋のイメージに合わせることができます。

私が購入した1番の理由もこのデザインです。

加湿器は色々なメーカーから出ていて、種類もかなりあり、デザインも様々ですが、サイズ・機能・デザインを兼ね備えている加湿器はなかなかありません。

その点、この加湿器はサイズ・機能・デザインを兼ね備えています。

 

リビングを中心にどんな部屋でもマッチするデザイン!

 

補給しやすく大容量

この加湿器は上の部分がフタになっていて、簡単に外すことができます。

上部のフタを外すとすぐタンクになっているので、そこから水を注ぐだけで補給できます。

わざわざタンクごと水道に持っていく必要がないので簡単です。

また、タンクも約4ℓと大容量なので6時間は平気で持ちます。

 

簡単に補給できて容量も大きいのでこまめな補給が不要!

 

ハイブリッド式

加湿器には、スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリッド式とありますが、この加湿器はハイブリッド式になります。

デメリット記載の通りハイブリッド式は加湿器自体の本体価格が高くなる傾向がありますが、その分、衛生面やパワーを兼ね備えているのでおすすめはハイブリッド式です。

 

ハイブリッド式で衛生的かつハイパワー!

 

アロマ機能もある

この加湿器にはアロマ機能も実装されています。

アロマトレーが付属されていて、アロマトレーに入っているパッドにアロマオイルを数滴垂らすことで好きな香りのミストでリラックスすることができます。

 

部屋を加湿しながら好きなアロマを楽しめる!

 

リモコンもおしゃれ

最後になりますが、こちら本体だけでなく、リモコンもシンプルでおしゃれです。

リモコンも細く場所をとりません。

f:id:mst_shin:20211103152528p:plain

リモコンがおしゃれだと使うのが楽しくなります!

 

L's Humidifier+の使い方

網焼き風ホットプレートの使い方

L's Humidifier+の使い方になります。

まず梱包はこちらです。

こちらを箱から取り出して、手順は以下の4点です。

  1. 電源に接続する
  2. 給水する
  3. 運転を開始する

 

加湿器なので使い方はいたってシンプルです。

運転を開始してからは、加湿領の設定はOFFタイマーの設定、ディスプレイLED表示のON/OFFを操作するくらいです。

ちなみに、アロマパッドは予備分含めて5枚付属されています。

 

L's Humidifier+の口コミ(レビュー・評価)

【純正・ビッケレインカバー前用】口コミ(レビュー・評価)

では第三者評価となる、レビューや評価についてです。

楽天の評価を見ると、

星4.36(5つが満点)

 

星4以上が約9割という状況なので、商品に対する満足度は非常に高いです。

レビューも700件以上あり、評価の信憑性も高いと言えます。

また星2つ以下は5%ほどしかありません。

 

ネガティブ口コミ

ネガティブ

・サイズがちょっと大きかった
・強で使用すると床が濡れることがある

初期不良的なコメントは除いています。

サイズは事前にしっかりと把握しておけば問題ないかと思います。

パワーがかなりあるため強で付近に物を置いておくと少し湿ることがあります。

 

ポジティブ口コミ

ポジティブ

・おしゃれで可愛くてしっかり加湿してくれる
・大容量なので朝まで給水しなくても稼働してくれる
・手入れしやすく、シンプルで可愛いビジュアルに満足
・就寝時にも音は気にならなかった
・上部給水が楽チン
・いろんなショップ、レビューを見て悩んで決めた甲斐があった

こちらもメリット記載内容に準じたコメントが多いです。

やはりデザインの部分に対してコメントしている方が圧倒的に多いです。

 

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

L's Humidifier+はこんな人におすすめです!

・シンプルでおしゃれな加湿器がいい

・ハイブリッド式の加湿器がいい
・リモコンで操作したい
・お手入れが簡単な加湿器がいい
・上部から給水できる加湿器がいい

部屋に合わせられる加湿器を探している方にはピッタリな加湿器です。

 

まとめ

まとめ

読んでいただきありがとうございます。

【加湿器】L's Humidifier+【とにかくおしゃれでおすすめ】のまとめです。

・(発売元)ELAiCEについて
 →おしゃれなデザインのアイテムを扱う総合メーカー
・L's Humidifier+について
 →シンプルでおしゃれな加湿器!
・L's Humidifier+の価格
 →約1万円
・L's Humidifier+のメリット、デメリット
 →デメリットは湿度設定なし。メリットはデザイン・大容量・ハイブリッド式などなど!

・L's Humidifier+の使い方

 →電源接続、給水、運転だけ!
・L's Humidifier+の口コミ(レビュー・評価)
 →楽天評価は4.36(5点満点)。

結論、私自身買ってよかったと感じている加湿器です。

初めは寝室用にと考えましたが、デメリットに記載の通り湿度の自動設定がないため、湿度がかなり上がってしまったので、リビングで使用しています。

寝室なので小さめの部屋で使う場合は注意が必要です。

広めの部屋だとその機能を思う存分発揮してくれます。

部屋の景観も損なわず調和して使えます!

 

その他関連記事

寝室にはこちらがおすすめ!

www.shinbearlog.com