bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

鍵や財布やカバンの紛失防止に便利!(子供の迷子防止にも)紛失防止タグ「tile」

外出しようとした時に、「あれ?鍵がない。どこに置いたっけ」となったことありませんか?

そんな時に活用できるのが紛失防止タグです。

 

最近では家電量販店の一角にもコーナーができているくらいなので、ニーズがあるのだと思います。

 

私も、紛失防止タグ「tile」を購入したので紹介します。

 

f:id:mst_shin:20190805232157p:plain

 

目次

 

 

紛失防止タグとは

紛失防止タグとは、スマートタグとも呼ばれていて、BluetoothやGPS機能を利用して、スマートフォンと連動するタグのことです。「 忘れ物防止タグ」や「アイテムトラッカー」などと呼ばれることもあり、失くしやすい持ち物につけておくことで紛失時の捜索をサポートしてくれます。

 

Bluetooth機能でスマホからタグを鳴らしたり、GPS機能でどこにあるのかを特定することができます。

 

最近のタグはサイズも小さくなり、デザインも向上しています!

 

「tile」とは

「tile」とは、世界230の国と地域に展開。落し物を「音」で見つける。米国シェアNo1のトラッカーです。

 

「あれ?どこいった?を解決する。それがtileです。」

 

お財布がカバンの中で行方不明でも、パスポートの場所を忘れても、車の駐車場所を忘れていても、Tile をつけていれば大丈夫。

Tile 本体からは音で、スマートフォンでは地図上で場所を確認できます。

 

と言うのがtileです。。(メーカーサイト引用)

 

出来る事

 音を鳴らして場所をお知らせ

 bluetoothの接続範囲内に「探し物」があれば、音を鳴らして場所を教えてくれます

 スマホを見つける

 スマホがない!そんな時は慌てずにTileをダブルクリック。 マナーモードに設定をしていても、音で場所をお知らせします。

 最後に検知した場所を記録

 最後に落とした場所と時間をアプリが記録してくれているので、見当を付けて探しに行くことができます

 世界最大の落し物コミュニティ

 Tileは世界最大級の落し物コミュニティーを構築
「探し物」の近くを他のTileの利用者が通るとアプリで場所をお知らせしてくれます

 

スマホ側からタグがどこにあるのか地図で確認でき、鳴らすこともできるので、近くにあれば簡単に見つけることができます。

近くにない場合は、他のtile利用者が通ると教えてくれます。そこが、シェアが高いと言う所に意味を持たせます。(利用者が多いほど見つけやすい環境になるので)

  

 

今は2,000円くらいで購入できるんですね。

(私の時は3,000円くらいでした><)

 

使い方

使い方(登録の仕方)は以下の4つの手順だけです。

 

①tileアプリのダウンロード

②アプリのセットアップ

 E-mailとパスワードを登録します

③ペアリング

 アプリに沿って設定するだけです

 

アプリにやり方のイメージも出るので、簡単に登録できます。 

  

鍵につけたり、財布や鞄に入れておくだけ

以上の操作で登録をしたら、あとは失くしたくないものに付けるor入れておくだけです。

 

一番使うイメージが湧くのは、鍵だと思います。

キーケースにこのtileを一緒に入れておけば、どこに置いたか忘れた時にスマホ側から操作して音を鳴らしたり、逆にスマホを見失った時はtileをプッシュすることでスマホの音を鳴らすことができます。

 

子供のかばんに入れておけば迷子防止にも

実はこのtileをなんで私が購入したのか、

それは子どもが迷子にならないようにするためです。

2・3歳の子どもは、よく外出先で逃げようとします。(鬼ごっこのつもりなのか)

ふと目をそらした時に視界からいなくなることもあります。

子どもの足なので、遠くには行きませんが、小さいからこそ、物陰に入られると見つかりません。

そんなことが一度あったので、何か対策をしなければと行きついたのがこの「tile」 でした。

 

その対策方法は、子どもにいつも自分で持たせている鞄にひっそりとこの「tile」を忍び込ませるだけです。

Bluetoothが繋がる範囲だけですが、いなくなったら音をならせますし、MAP上に表示されるので、近くにいることはわかります。

これで迷子が防止できます!!

 

GPS付きの携帯の方が効果は上ですが、2・3歳の子どもに持たせると失くす可能性大ですし、コストもかかります。

tileであれば、2,000円くらいで購入できますし、電池がなくなったら交換もできるので、簡単な迷子防止にはおすすめです。

 

その他の使い方

他の使い方として、tileを共有することで、物の受け渡しにも使えると思いました。

例えば1台の自転車を共有する時、

最寄り駅まで、行きは自分が使って駐輪場に自転車を置きます。帰りは別の人がその自転車を乗って帰るとした時に、駐輪場のどこに置いてあるかわかりません。

そこでtileを鳴らせば自転車を発見できるという使い方。

 

実際に、私もこの使い方を検討しています。

tileにはラインナップとしてtileSportというモデルもあり、こちらは防水・防塵性能を持っています。

このモデルで4,000円くらいです。

さいごに

この紛失防止タグ、普通に生活していればあまり出会わない商品だと思います。

誰もが一度は忘れ物をしたことがあると思うし、忘れ物は当然したくてしている訳ではないので、リスク回避には非常に役にたつアイテムです。

 

痛い目を見る前に、大事なものにはつけておくといいのかもしれません。

 

私は、迷子防止ができたので、自己満ですが満足しています!

気になった方は是非一度お試しください。