\ ポイント最大46倍! /

ヤマハPAS Crew・Babby・Kissのレインカバーおすすめ10選【前用と後ろ用】

こんにちは。
ベアです。

電動アシスト自転車のヤマハPASをこれから購入予定もしくは持っている方で、これからレインカバーを買おうか検討している方はこのようなことで悩んでいるのではないでしょうか。

困っている人

そもそもレインカバーって必要?
色々あって何を買っていいかわからない。
いくらくらいかかるの?

レインカバーは絶対にあったほうがいいです!

本記事では、レインカバーを使う理由と前と後ろ用でおすすめの10アイテムを紹介します。

私自身はPASを使っていませんが、他メーカーの電動アシスト自転車ビッケ・ギュットを使っていますので、自身の体験を交えて使ってよかったこと悪かったことも合わせて紹介します。

この記事でわかること!

・レインカバーを使う理由(必要な理由)
・おすすめのレインカバー10選
 →チェック内容【メーカー、価格、評価、タイプ、防水性、通気性、安全性、その他】
・(体験談)レインカバーを使ってわるかったこと、よかったこと

目次

ヤマハPAS Crew/Babby/Kissレインカバーを使う理由

ビッケにレインカバーを使う理由

そもそもですが、PASにレインカバーを使う理由です。

  • 雨からシートを守る
    →自転車に乗る前にクッションシートが濡れていると座れない
  • ホコリや汚れからシートを守る
    →クッションシートが汚れないようにする
  • 防寒対策
    →乗っている子どもを寒さから守る

レインカバーなので、①は当たり前といえば当たり前ですが、結構重要で乗る前に雨が降ってしまうとクッションシートが濡れてしまいます。
クッションシートは、クッション素材なので雨水が染み込みます。

そのため拭き取るだけでは、染み込んだ水は取れません。
こうなったらクッションを外して乗るか、諦めて歩いて行くかになってしまいます。
クッションを外して乗るのは、正直めんどくさいです。

なので、レインカバーの重要性は高いと言えます。

ヤマハPAS Crew/Babby/Kissレインカバーおすすめ10選

ビッケのレインカバーおすすめ10選

ではPASのレインカバーおすすめ10選です。
売れ筋や実際に使われている方のレビューを参考にPASでも使えているコメントがあるアイテムを抜粋しています。
また、各アイテム共通で気になるポイントの以下に絞って説明します。

  • メーカー
  • 価格(amazon)
  • 評価(amazon)
  • タイプ:カバータイプ、ルームタイプ
  • 防水性
  • 通気性
  • 安全性:緊急時や自転車との固定
  • その他

PASのレインカバーおすすめ【前用(フロント)】

PASのレインカバー前用(フロント)のおすすめ5アイテムです。

【純正】ヤマハ前子乗せ用レインカバー

こちらは、ヤマハの純正オプションになります。
詳細スペックについてはホームページに記載ありませんが、純正なのでサイズがピッタリで失敗することはないと思います。

メーカーヤマハ
価格8,188円(税込)
評価記載なし
タイプルームタイプ
防水性
通気性記載なし
安全性記載なし
その他ヤマハ指定の純正カバー

オージーケー技研レインカバー

こちのオージーケー技研はヤマハのグループ企業なので純正に近いです。
下カバーのデザインが豊富にあります。
上カバーはビニール素材のため外からは中がしっかりと見え、中からも子供の視界を奪うことがありません。

メーカーOGK
価格9,680円(税込)
評価3.8(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性○(風抜き窓)
安全性記載なし
その他収納袋付き

ハローエンジェルレインカバー

こちらはとにかく簡単に装着できることが特徴のカバーです。
急な雨でも焦らずに簡単に装着できます。

メーカーハローエンジェル
価格5,170円(税込)
評価4.0(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性◎(どこからでも空気が入る設計)
安全性○(通すだけの簡単安全タグ)
その他簡単4ステップで30秒で装着可能

ACTIVEWINNERチャイルドシートレインカバー

こちらは前窓が大きい設計となっていて、窮屈感を最大限に軽減しています。
カバー裾のコードを絞ることでフィット間の調整も可能です。

メーカーACTIVEWINNER
価格3,497円(税込)
評価3.6(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性○(複数の通気口)
安全性○(カバー裾野コードで調整して自転車にピッタリと合わせる)
その他前窓が大きい設計。収納バック付き

favourチャイルドシートレインカバー

とにかく価格が安いのでコスパに優れています。
星型のデザインが特徴で街中でもよく見かけます。

メーカーfavour
価格3,280円(税込)
評価3.4(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性○(両サイド・後方に通気口)
安全性
その他前窓が大きい設計

PASのレインカバーおすすめ【後ろ用(リア)】

PASのレインカバー後ろ用(リア)のおすすめ5アイテムです。

【純正】OGK技研後子乗せ用レインカバー

こちらは、純正オプションになります。
詳細スペックについてはホームページに記載ありませんが、純正なのでサイズがピッタリで失敗することはないと思います。

メーカーOGK技研
価格4,243円(税込)
評価3.7(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性記載なし
安全性記載なし
その他純正カバー

norokkaレインカバー

30秒でパッと取り付けが可能です。
コンパクトに畳んで持ち運びも可能なので、雨が心配なときは持っていくことができます。

メーカーnorokka
価格12,680円(税込)
評価5.0(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性記載なし
通気性○(前窓が開く)
安全性○(バックルで固定)
その他30秒でパッと取り付け可能

Sorayuリヤチャイルドシート用レインカバー

耐水圧も高く、左右両開きが可能なため通気性も抜群です。
子供を乗せないときは荷物を収納できるようになっていて機能性も高いのが特徴です。

メーカーSorayu
価格11,500円(税込)
評価4.3(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性○(耐水圧10,000mm)
通気性◎(左右両開き可能)
安全性○(背面ボードと接着)
その他大型収納ポケットあり

ShineHaiチャイルドシートレインカバー

価格が安区コスパに優れています。
また、Amazon自転車用チャイルドシート部門で売れ筋1位です。

メーカーShineHai
価格2,299円(税込)
評価3.3(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性
通気性○(複数の通気口)
安全性○(多数の固定ストラップで固定)
その他収納用袋付き

convidaレインカバー

3,000円台ではありませんが、機能が充実していてコスパとしては優れています。
防水性能が高いのが特徴です。

メーカーconvida
価格5,599円(税込)
評価4.3(5点満点中)
タイプルームタイプ
防水性○(3層構造)
通気性◎(複数の通気口)
安全性
その他高さがありゆったり空間

ヤマハPAS Crew/Babby/Kissのレインカバーを使ってわるかったこと・よかったこと

ビッケのレインカバーを使ってわるかったこと・よかったこと

使っている自転車は違いますが、実際に使った体験からわるかったこととよかったことを紹介します。

レインカバーを使ってわるかったこと

使ってみてわるかったことです。
当然わるい部分もありましたので、わるい部分もちゃんと理解しておいたほうがいいです。

夏場は下部シートを付けて乗ると暑い

カバーは包み込むタイプなので、夏場に下部シートを付けて乗ると中は蒸し暑くなります。
そのため、夏場は下部シートの取り外しが必要になります。
ただ、後ろにポケットが付いていて、外したシートを収納できるので置き場所に困ることはないので大丈夫です。

年中屋外に置いておくと色があせる

致し方ないですが、ずっと外に置いておくと日光に晒されるので色があせます。
これはどのカバーを使っても言えることですが。

レインカバーを使ってよかったこと

使ってみてよかったことです。
使う目的とイコールなところはありますが、購入前の悩みは解決できます。

雨や粉塵を防ぐことができる

カバーなのでそもそもの目的は雨や粉塵を防ぐことです。
雨を防いで中のクッションが水浸しになることを防いでくれます。

カバーを使っていない状態だと突然の雨が降るとかなり悩まされます。
それが外出先だと特に。
そんな悩みを解決してくれます。
また、晴れの日もクッションに砂が堆積することを防げます。

冬場の寒さを防げる

ルーム式のカバーなので外気や風から守ってくれます。
冬場に自転車を乗ると当然寒いです。
その冬の外気の寒さから守ってくれます。
自転車を漕いでいる方からすると羨ましいくらいです。

まとめ

まとめ

長文読んでいただきありがとうございます。
では最後にまとめです。

①レインカバーを使う理由
 →雨・ホコリ・汚れ、防寒対策として
②前用と後ろ用で各5アイテムをおすすめ
 →それぞれ特徴ありますが、だいたい似ています
③個人的なおすすめは純正レインカバー
 →純正でピッタリ設計なので、細かいサイズ調整が不要

チャイルドシートクッションは、雨水が染み込むため、直前の雨はもちろん前日夜の雨でも翌日の朝そのままでは座れなくなってしまいます。
拭いたり、クッション外したりするのは、正直めんどくさいです。

カバーを被せるだけでこの悩みが解決するので、レインカバーは使うことをおすすめします。

商品紹介一覧表

商品名ヤマハ前子乗せ用レインカバーオージーケー技研レインカバーハローエンジェルレインカバーACTIVEWINNERチャイルドシートレインカバーfavourチャイルドシートレインカバー
メーカーヤマハOGK技研ハローエンジェルACTIVEWINNERfavour
価格8,1889,6805,1703,9473,280
Amazon評価記載なし3.84.03.83.4
タイプルームタイプルームタイプルームタイプルームタイプルームタイプ
防水性
通気性記載なし○(風抜き窓)◎(どこからでも空気が入る設計)○(複数の通気口)○(両サイド・後方に通気口)
安全性記載なし記載なし○(通すだけの簡単安全タグ)○(カバー袖のコードで調整して自転車にピッタリと合わせる)
その他ヤマハ純正収納用袋付き簡単4ステップで30秒で装着可能前窓が大きい設計。収納バック付き○(前窓が大きい設計)
商品名OGK技研後子乗せ用レインカバーnorokkaレインカバーSorayuリヤチャイルドシート用レインカバーShineHaiチャイルドシートレインカバーconvidaレインカバー
メーカーOGK技研norokkaSorayuShineHaiconvida
価格4.24312,68011,5002,2995,599
Amazon評価3.75.04.43.44.3
タイプルームタイプルームタイプルームタイプルームタイプルームタイプ
防水性記載なし○(耐水圧10,000mm以上)○(3層構造)
通気性記載なし○(前窓が開く)◎(左右両開き可能)○(複数の通気口)◎(複数の通気口)
安全性記載なし○(バックルで固定)○(背面ボードと接着)○(多数の固定ストラップで固定)
その他純正カバー 30秒でパッと取り付け可能大型収納ポケットあり収納用袋付き高さがありゆったり空間

紹介商品一覧

関連記事紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次