bearlog<べあろぐ>

「子育て×ペット(わんこ)×快適生活(セール情報やおすすめアイテム)」を発信

「浦安アラート」とは何?発令されると起こること。

「浦安アラート」これが発令されると、何が起こるのかご存知でしょうか?

東京アラートに続いて登場した、「浦安アラート」。

もはや都道府県のアラートではなく、千葉県浦安市のアラートです。

 

浦安アラートについて説明します。

f:id:mst_shin:20200603132628p:image


目次

 

浦安アラートとは

では、浦安アラートとは何か?

 

簡単に説明すると、「浦安アラート」とは千葉県浦安市が新型コロナウイルスの「第2波」への備えとして感染拡大を防止するために設ける、独自の緩和目安を超えた場合に、市民に警戒を呼びかけるために出すものです。

 

つまり緩和基準を超えたので「浦安市内で感染拡大の兆候があるぞ!気を付けろ!」ということです。

 

発令基準

では発令される基準です。

 

  1. 浦安市内で週2人以上の感染者
  2. 浦安市と2市1区で合計週20人以上の感染者

 

この2つになります。

1と2のどちらかの場合は「注意」。

1と2が重なった場合は「警戒」となります。

 

あくまでも市内のアラートですが、浦安市民の生活・経済圏でもあ理、都内への通勤者も多いことから人口規模が大きい、東京都江戸川区と市川市、船橋市の感染者の状況も基準として取り入れています

  

発令されたら起こること

では発令されたら起こることです。 

 

  • 市内の公共施設16ヶ所の国旗掲載ポールに、注意は「黄旗」、警戒で「赤旗」が掲げられる
  • 市役所のデジタル掲示板にカラーサインが出される
  • 公用車に「黄」「赤」のステッカー貼り出し(検討中)
  • 注意」発令で市内パトロール、「警戒」発令で感染リスクの高い施設の休止検討

 

東京アラートではレインボーブリッジや東京都庁舎のライトアップの色が変わり警戒レベルを周知していますが、ライトアップにはコストがかかるため、海水浴場で遊泳禁止を赤旗で伝えるシステムを取り入れているのが、自治体の創意工夫になります。

個人的には、このような創意工夫は好感を持てます。

 

また、アラートの基準を設けて感染リスクの高い施設を休止させるのは動きも早いし、事前に認知していれば避けることもできるので、いい取り組みだと思います。

 

さいごに

「浦安アラート」は非常にいい取り組みですが、課題はこのアラートの認知をどうあげて行くかだと思います。

アラートを知っていなければ、赤い旗が上がっていても、気付くことなく通り過ぎるだけになります。

 

市の広報紙や、放送などを活用して認知をあげていくことと思いますが、 この辺の取り組みが今後重要になってくると思います。

 

とはいえアラートが発令されることがないことを切に願います!