bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

DQウォークはじめてみました。移動距離について考えて見た。

最近リリースされたスマホゲームのDQウォークをはじめてみました。

簡単な概要と、移動について考えてみました。 

f:id:mst_shin:20190921162939p:plain

DQウォークについて

DQウォーク=「ドラゴンクエストウォーク」のことです。

スマートフォン向けの位置情報ゲームで、ドラゴンクエストの世界観で、ドラゴンクエストの世界になった現実世界を、プレーヤー自らが主人公となって歩き、冒険を進めて行くRPGです。

2019年9月12日(木)にリリースされました。

 

進め方としては、クエストが準備されていて、クエストの目的地を現実世界の近くのスポットを選択して目的地を決めて、そこまで行ってクエストをクリアしていきます。

また、自宅を建てて冒険で手に入れた家具やアイテムで自宅をアレンジして行くこともできます。

メリットとデメリット

メリット

メリットは、何と言っても歩く動機になることです。ゲームきっかけで歩く距離が増えて、運動不足解消に繋がります。

ただ単に歩き続けるのは、強い意志が必要で、なかなかできることではありません。

でもDQウォークのクエストを進めるだけで、自然と歩く距離が増えていきます。

劇的に増えるかと行ったら、のめり込まない限り増えないと思いますが、いつもの通学・通勤の道でも少しだけ道を外して歩けば、その分歩数が増えるので儲けものです!

デメリット

デメリットは、課金の誘惑と隣り合わせな点です。

企業としても収益を上げるために、当然課金の仕組みを組み込んでいます。

DQウォークでは、「ジェム」(ゲームない通貨)を購入して、いわゆるガチャ(DQウォークでは武器や防具の装備ガチャ)や、歩くとポイントがたまる仕組みがあり、よりたまりやすくなるオプションが有料になっています。

無料で楽しむことができますが、クエストを進めて行くと当然難易度が上がってきて、クリアするために強い武器が必要となり、有料ガチャに手を出してしまう、というサイクルにはまらないよう注意です。

やってみた感想

まだはじめたばかりですが、ドラゴンクエストは学生の時にやっていたゲームで、当時は好きなゲームでもあり、世界観もわかっているので、楽しくプレイしています。

クエストで設定するスポットも比較的近い場所が選べるので、連続してクリアして行くこともでき、サクサク進めます。

また、ウォークモードというモードがあり、自動で戦闘してくれるので、常に画面を見ていなくてもいいのが便利です。通勤時はウォークモードにして、ポケットに入れたままにしています。

でもだんだんと難易度が上がってきているのでレベル上げが必要となってきています。

レベル上げもドラクエの醍醐味の一つですね。

 

ちなみに、まだ未課金です。

私自身、他のゲームも含めて課金自体しない(そこまでのめり込ま無い)ので、恐らく、今後も課金はしないと思いますが・・

人生における移動距離について

このゲームをやっていて、気になったのが、そもそも人は人生でどのくらい移動をするのかということです。

考えてみました。

当然寿命や生活環境によって大きく異なるので、ざっくり考えると、

1日平均5kmとして、寿命を80年としたら、

5km×365日×80年=146,000km

ということになります。

これは、地球3周半ほどです。塵も積もればですね。

 

ちなみに、1日に歩いている平均歩数は、男性7,194歩、女性6,227歩とのことです。(厚労省:国民健康・栄養調査)

この歩数歩いていない人は、一つの目標にしてみてもいいかもしれませんね。

さいごに

よく携帯片手に一箇所に集まっている人の集団を見かけます。ポケモンGoのプレーヤーのようですが、その集団は結構平均年齢が高いように感じます。

ポケモンというと若い人のイメージがあるのですが、異なる世代へ認知させることに成功していると他人事ながら感じていました。

このDQウォークも、ポケモンGoの成功をヒントにしている部分もあるようなので、集まって他のプレーヤーと強敵を倒す要素も組み込まれています。

DQウォークの集団もこれから出てくると思います。

 

ゲームで人を動かせるというのは、すごいことだと思います。

10年前では考えられなかった現象が起きていて、これも技術の進歩のなせる技です。

これから5Gも普及されていったら、次はどんなゲームがでてくるのでしょうか。

想像するとワクワクしますね。

 

とりあえず今はDQウォークを楽しもうと思います。

(いつまで続くかわかりませんがw)