bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

IT passport試験を実質約1ヶ月で合格した勉強方

f:id:mst_shin:20190703234028p:plain

私がIT passport試驗を合格するまでの手順、勉強方、おすすめ参考書について紹介します。

 

目次

 

はじめに

そもそもですが、私が受験をしようと思ったのは、仕事上で必要だとか、求められているからとかではなく、単純に自身の知識を増やそうと思ったからです。とはいえ、意識高い系では全くなく、ただの興味があったのと、時間を持て余していたからなので、気軽な感じでやろうと思ったのがきっかけです。

なので、ここで紹介する内容の前提としては、絶対に合格しなければいけないと言った気持ちや環境がない中での方法です。。

 

結果

 

先に私の結果です。

2018年5月12日に受験して、675点で合格しました。

 

合格基準は以下です。

総合評価600点以上/1,000点

分類別評価点

 ・ストラテジ系300点以上/1,000点

 ・マネジメント系300点以上/1,000点

 ・テクノロジ系300点以上/1,000点

 

600点が合格基準なのでぎりぎりですね~><

正直想定していた合格ラインです。。

つまりがっつり勉強するわけではなく、ほどほどのラインで勉強をしてました。

 

勉強方法

 

勉強した時間ですが、ざっくり60時間です。

ペーストしては1日1時間を60日。厳密には2時間の日もあったので、40日ないくらいの感覚です。

 

使用参考書:栢木先生のITパスポート教室

(もちろんこればっかりは、個人的な嗜好にもよりますが)

そしてポイントはこの読むのに時間がかからないという点です。

 

勉強手順①:テキストを4回ほど読む

 

1回目は流し読み。とりあえず1回読み切ることで、ざっくり全体感を掴みます。そして達成感。

(これでおわったらダメですが。。)

2回目は書いてあることの意味を理解しながら読む。分からなかったらメモ・マーキング。そして達成感。

3回目はわかったところは流しながら、引っかかったところを時間をかけて読む。そして達成感。

(ここまでくると行けるかもという気持ちもでできます)

4回目は、3回目と同様引っかかるところを重点的に読む

そして達成感。(だいたいは理解してきます)

 

勉強手順②:過去問題集をひたすら繰り返す

 

使用過去問集:なし(WEBの過去問道場利用

便利なもので、WEBの過去問道場というサイトで過去問が掲載されています。

分野も指定できるので、とにかくひたすら繰り返します。

実は勉強手順①で参考書を繰り返しましたが、その後にこの過去問をやると、全然できない(不正解続出)です

ただそこでくじけてはいけません。問題を繰り返していると、だんだんとテキストの内容とリンクしてきて、正解率は徐々に上がっていきます

私の場合は、直近のテストは解かずにとっておいて、仕上げてとして、模擬テスト的に直近のテストを利用しました。

そこである程度の点を残せればきっと合格への道は開けるはずです。

 

最期に

 

参考書を読んで全体感をつかんだ上で、過去問を繰り返すといった流れたで、勉強手順としては至ってシンプルです。

人それぞれなので、100%このやり方がいいとは言い切れませんが、私自信これで合格できたので、よければ参考になればと思います。