bearlog<べあろぐ>

自身の経験から、学習したこと・体験したこと・調べたことをまとめて書いていきます。その時のおすすめの内容を紹介していきます。

子育ての救世主!ブルーレイレコーダー。

子どもが1歳くらいから、だんだんとTVを見るようになってきます。

TVを見ると言っても、歌や踊りを見るくらいで、Eテレをかけることが増えてきます。

すると必然的にレコーダーを使う頻度が増えてきました。

 

レコーダーは持っていましたが、あまり使っていませんでした。

それが、子どもができてからは毎日のように使っていて、もうなくてはならないものとなっています。

 

何が便利なのか紹介します!

f:id:mst_shin:20190821100809p:image

目次

 

外から録画できる

一昔前では考えられなかった機能ですが、今のレコーダーは外から番組表を見て録画予約できます。

いわゆるIoT家電で、インターネットを経由させることで、外出先からでも予約ができる仕組みです。

メーカーにもよりますが、私が使っているレコーダーは専用のアプリから番組表を確認でき、予約ができます。

 

結構使っています!

よくあるのが、金曜日によく放送しているディズニーやジブリ映画を、当日の昼に放送されることを知って、外から予約します。

 

ディズニーやジブリは子供の大好物です。

ずっと見せるのはダメですが、雨で外に遊びに出れないときに重宝します。

また、一度かければ終わるまで子どもは静かにしてくれるので、自分の時間を作り意味でも助かります。

バリエーションは多いほどいいので、これで録り忘れは防げます。

 

録画した番組を外からみれる

外で録画をする時にアプリを使いますが、このアプリ録画するだけじゃありません。

なんと、外から録画してある番組をスマホで再生できます!

撮りためてある番組全て再生可能です。

 

これも子育てには結構使えます!

例えば、

・外食しているときの、注文した料理が来るまでのちょっとした時間に外から携帯で「おかあさんといっしょ」をつけたり

・長時間の新幹線移動の時に録画した映画をつけたり

と、色々と使えるシーンはあります。

 

ただ、WiFi以外で使いすぎるとデータ容量を結構消費してしまうので注意が必要です。

 

容量が大きい

では容量はどうなのでしょうか?

外からでも予約できるし、子ども向けの番組をばんばん予約できるので、容量が大きくないとすぐにいっぱいになってしまいます。

 

1TB(1000GB)が今の目安になっているようです。

どのくらい録画できるかというと、地デジ放送を約100時間録画可能できます。

多いもので8TBの商品もあるようです。

 

おすすめのレコーダー

おすすめのレコーダーですが、単純に私が使っているメーカーのレコーダーです。。

パナソニックのディーガです。

パナソニックはレコーダー市場ではトップシェアのようです。

チューナーも2つついているので、1番組を見ながら、裏で1番組を録画できます。

チューナー2つは意外と便利ですし、ないと困る場面結構あります。

値段は、39,000円ほどです。

 

続いて、シャープ製のレコーダーです。

人気の「ドラ丸」の録画機能や、Googleアシスタント対応AIスピーカーで連動する「声で楽々操作」が最新の機能。液晶テレビのAQUOSと連動して放送中番組の一時停止や巻き戻し視聴ができる「AQUOSタイムシフト」も利用できる。

お値段は、約38,000円ほどです。

 

さいごに

容量は、その人の使い方で変わってきます。

子ども向けの番組だけでなく、ドラマもガンガン録画するという方は1TBでは足りないと思います。

私は、子ども向け中心なので十分足りています。。

 

このアプリ、タブレットを活用することで、家の中の寝室でTV代わりに使ったりもできます。

TVを買うまでもないけど、TVをそこで見たいと言ったニーズにも対応できます。

 

IoTが進化したことで、単純に録画して見るという物ではなく、生活シーンを変えてくれる物になっています!